ダイエットにはグルコバイ
ダイエットに成功した女性

糖尿病疾患に処方されるグルコバイの効果についてご紹介します。

グルコバイに含まれている成分について

グルコバイグルコバイとは、糖尿病の治療に使われている薬です。グルコバイに含まれている成分は、アカルボースです。アカルボースは、炭水化物の消化に必要な消化酵素の分泌を阻害する働きがあります。数ある消化酵素の中でも、小腸で分泌されるαグルコシダーゼや、膵臓で分泌されるαアミラーゼの分泌を阻害します。

消化酵素の分泌が阻害されると、炭水化物の消化率が下がります。その結果、単糖類の一種であるグルコースの体内への吸収量が減少します。グルコバイは、短期間で血糖値を下げる事が出来て、しかも長期的にはグリコヘモグロビン値の低下の効果も期待出来ます。

グルコバイは経口服用タイプの薬です。基本的な服用方法は大人であれば1日に50mgあるいは100mgを1回として、3回服用するのが一般的です。ただし、年齢や症状等によって用法や用量は変わってくるので、必ず医師の指導の下で服用する事が大切です。また、グルコバイは消化酵素の分泌を阻害するという働き方をするので、必ず食前に服用するようにします。

副作用としては、腹部の膨満や腸にガスが溜まる事等があります。他にも稀に、倦怠感や吐き気等の症状が現れる場合があります。何か違和感を感じたら服用を中止して、医師に相談する事が大切です。