ダイエットにはグルコバイ
ダイエットに成功した女性

糖尿病疾患に処方されるグルコバイの効果についてご紹介します。

大豆食品を中心に食べるダイエットと縄跳びの運動

大豆食品を中心に食べるダイエットの効果を高めるためには、縄跳びの運動を同時に行うことが有効です。飛び跳ねるだけの運動にも思えますが、実際には全身の筋肉を満遍なく使うことが実感できます。室内型に対応できる運動で、天候を問わずに毎日のように実践できることも利点です。実際にスポーツ選手も取り入れている運動法ですから、ダイエットのためにも役立ちます。

ダイエットの食事で大切なのは、基本の栄養素を摂取しながらカロリーの過剰摂取を防ぐことです。肉類は高タンパクな食材ですが、脂身の部分が多くなればカロリーが高くなります。沢山食べれば胃腸にも負担となるため、特に注意しなければいけません。大豆食品であればタンパク質の量は肉に匹敵しますが、脂肪の量は少なめです。油揚げも良質な植物油で作ったものであれば、ダイエットでも十分に使えます。

大豆からは筋肉の源となるタンパク質を摂取したいところですが、吸収率が高いものを選ぶことがおすすめです。納豆のカルシウムやタンパク質は、発酵のおかげで吸収率が非常に高くなります。納豆をダイエット用で食べていれば、縄跳びのための筋肉の原料を供給できます。バランスよくアミノ酸が含まれる納豆を食べていれば、運動中の疲れも軽減できます。酵素や食物繊維もたっぷりと含まれているため、ダイエット中にお腹の調子も整えて便秘も解消しやすくなります。

縄跳びは強度によって無酸素運動になれば、有酸素運動にもなります。脂肪を燃焼させるためには、20分以上は継続すると有効な有酸素運動になり、太りにくい体質に変化していきます。大豆食品からタンパク質を摂取していれば、縄跳びを行うごとに筋肉が鍛えられて基礎代謝量も増加します。